« 久しぶりに追記した。 | トップページ | とうとう来ました。New MPVが »

お隣のおばあちゃんが帰って来ました。

今日、「おばあちゃんが家に帰って来ました。午後零時38分でした。」というメールを静岡で受けた。
目頭が熱くなった。
静岡時代(学生)に、帰省した際、お小遣いをもらっていた。大学生だからいらないと言っても、懐に押し込まれた。これが結構、助かった。有難かった。

僕にとって、お隣のおばあちゃんは、エルビーおばさんという印象が強い。

ここ数年は、病院にいたのだが一度も見舞いに行っていない。
父方の祖父や母方の祖母の時も自分からは、行ってない。
ある意味、元気で戻って来てくれることを願望し、見舞いはしなかった。
今、思うと若かったのかもしれない。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。
おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、ひとえに風の前の塵のごとし。」

そろそろ、死というものを受け入れ、直視する必要があるのかも
僕も歳をとったなぁ

|

« 久しぶりに追記した。 | トップページ | とうとう来ました。New MPVが »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33030/10404645

この記事へのトラックバック一覧です: お隣のおばあちゃんが帰って来ました。:

« 久しぶりに追記した。 | トップページ | とうとう来ました。New MPVが »